今後の英語教育の改善・充実方策についての報告~英語情報誌より抜粋

こんにちは。えりです。

 

ご存知のかたも多いかと思いますが、文部科学省は、

初等中等段階から、

グローバル化に対応した教育環境作りを進めるため、

2013年に、

「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」を、発表し、

小学校における英語教育の拡充強化、中、高等学校における英語教育の高度化など、

小、中、高等学校を通じた英語教育全体の抜本的充実を図る、と示しました。

 

そして国は、

この計画を具体化するために審議を重ね、5つの提言を、発表しました。

 

①国が示す、教育目標・内容の改善

  これは、小中高の学びを円滑にする。英語を使ってなにができるか。を目標とされています。

 

②学校における指導・評価

  英語を使って何ができるようになるかという観点からみた、学習到達目標に基ずく指導と学習評価。

 

③高等学校、大学の英語力の評価及び、入学者選抜の改善

  入学者選抜における、英語力の測定において、4技能のコミニケーション能力を適切に評価

  4技能を測定する資格・検定試験の活用促進。

 

④教科書・教材の改善

  学習指導要領に沿った教科書検定

  音声や映像を含めた、デジタル教科書の検討

 

⑤学校における指導体制の充実

  現教職員の研修

  英語指導力のある教員採用

  ALT 非常勤講師などの外部人材の活用、促進

 

読むと、難しい言葉が並んでいますが、

結局は、使える英語力、速戦力になる英語力をもった人材を育てていこう。

そのために、様々な計画、改革がされていく、ということなんでしょう。

もう、ずいぶん前から言われていますね。

 

これまでも、小学校に英語活動が導入されたり、

中学校の教科書なんかも、なんとなく英会話っぽい要素が組み込まれたり、

TOEICや、英検の結果で、入試が優遇されたりはありますが、

日本人はまだまだ、英語に対して、苦手意識が多いと思います。

 

今後、どんなふうに英語環境がかわっていくのかな?

 

ちょっと期待して待っていたいです。

新料金表(2019.10~)

 

講師のつぶやき&最新情報は

東淀川区上新庄の子供英会話教室

マック英会話教室のブログ 

 をチェック

 

 

お問合わせはこちらから

 

 

 

 

LINE

マック英会話教室、LINEに登場!

ID「@macenglishschool」で検索ください。

 

 

 マック英会話教室ブログ

マック英会話教室のスタッフが

ブログを更新しています!

子どもたちのエピソード、スタッフの日常、レッスンのこと、世界のこと、生活のこと… 

 

色々お話ししていますので、

 

ぜひチェックしてみてくださいね♪

Twitter